ブラカップの推移データ

ブラカップの推移データoppai

 

1980年: Aカップ58・6%/Bカップ25.2%/Cカップ11.7%/Dカップ4.5%

1990年: Aカップ44.7%/Bカップ30.5%/Cカップ21.4%/Dカップ10.0%/Eカップ5.6%/F2.0%

1992年: Aカップ25.9%/Bカップ28.3%/Cカップ24.1%/Dカップ12・8%/Eカップ7.8%/F1.1%

1996年: Aカップ23.8%/Bカップ34.2%/Cカップ23.9%/Dカップ11.7%/Eカップ4.4%/F1・8%/Gカップ0.2%

2004年: Aカップ10.2%/Bカップ27.8%/Cカップ27.8%/Dカップ21.5%/Eカップ10.0%/F2.1%/Gカップ0.6%

 

総括:

1980年には過半数を超えていたAカップ。

92年以降Bカップが最大となり、96年にはCカップに抜かれ、2004年時点では、10%あまり。

そして、B、Cカップが同じ比率。この流れを見ていると、Cカップの割合がトップになっているのではないか。

このデータを見ると、今後AカップAV女優の希少価値があがるのではないかと推測する。

 

関連記事

記事がありません

Menu

HOME

 TOP